雨が戻る場所

じゃにの話をしたりえぐの話をしたり。いずれも茶の間ファン継続中

両事務所に見るそれぞれのシンメ観

長らくまとまらなかったけどもうこれはまとめる必要なんてないんだ、考えず適当にだらだら書いたらいいんだ。Don't think,feel!

というわけで、シンメ厨の私が個人的に思うシンメ論というものを、現在応援している両事務所間で比較して展開したいと思う。どちらかの事務所が苦手という方は閲覧注意という形で。

 

そもそもシンメ(シンメトリー)には「対称」という意味があり、ダンスなどのパフォーマンス時に左右対称な位置にいる2人のことを指す。

ただこのシンメ、俗に言う”コンビ”とは少し違うくくりだと私は考えている。この言葉はじゃにーずにおいていつの間にか定着しつつある用語になっており、一方のえるでぃーえいちにはそもそも概念がないんじゃないか、正確には対称な位置で踊る、ということ以外考えてないんじゃないか。そう考えるわけである。

 

甘い。甘く見過ぎだよ…

 

こんな偉そうな序論から始めている私だが、シンメ厨歴はそれほど長いわけではない。いったん離れる前はシンメにそれほど着目してこなかったし(何しろミーハーの盲目担だった)、出戻ってからもシンメという言葉は知っていても認識が甘かった。なんなら一番古いシンメが誰と誰だったかもわからない。なんてもったいないことを…!!

そりゃ”コンビ”も燃えるよな。いろんな組み合わせがあるしな。プライベートがいつも一緒の組合せだってあるしな。ただそんな”コンビ”とは一線を画す、明らかに異質なくくりが”シンメ”だと思う。

 

どこら辺が異質なのか。まずはじゃにーずに見るシンメ観。

 

双方に共通することかもしれないが、このシンメ、決して仲の良さで決まるものではない。振付師さん等から背丈が似ているとかダンスの特性が似ているとか、そういう「見栄え」を重視して決められる傾向があると考える。もちろん仲の良さや同期であるなどの関係性も影響してくることがあるが、まず重視されるのは見栄えだろう。決して仲の良さには比例しない。

しかし一緒に行動することが増えるせいか、シンメとして組まされることで絆が深まる場合が圧倒的に多いとみる。身に着けるものが似てきたり、または全く正反対だったり。それぞれ細かい癖はあってもなぜかダンスが息ピッタリに見えたり。まれに仕事以外では全く一緒にいるところを見なかったり、絆が表に見えにくいシンメもいるが、こちらの場合の方がなぜか人気があったりする。我々には見えない、2人にしかわからない絆が魅力的に映るのかもしれない。もれなく私も好きです。

シンメで推されるのは大抵ジュニアが多いが、デビューしてもシンメを推していくスタイルのグループがいたりする(若手に多い気がするけど)。中堅世代のグループは当時シンメという明確な関係が確立していなかったのか、シンメ固定はないように見える。

シンメにも様々なタイプがあるけれども、そこまで書くと一向にえるでぃーえいちに進まないので次回…

 

次にえるでぃーえいち。先に書いた通りこちらは対称な位置で踊るということだけを考えて配置しているとみる。純粋にダンスそのものに重点を置いているためか、本当に見栄えだけを考えている感じ。よって同じくらいの背丈の2人がシンメとなることで、ダンスにおける”視覚的な対称”という意味ではきれいに見える。ただ、ただな…欲張りなわたしゃそれじゃ満足できんのじゃ…

そもそも彼らは対称な位置で踊っている、ということそれ自体を認識しているのか?と疑問だったが、以前某TV誌のじぇね連載にて亜嵐くんが「れおと俺はシンメで~」と言っているのを見て「あっこの人たちにも『シンメ』って概念があったんだ…」と思ったものだ。

 先に書いた通りとにかく「見栄え重視」のシンメスタイルなので、シンメを組んで以降の関係性などは考慮されておらず、シンメでというよりは個々でそれぞれの力を高めていく、という方が正しいのかもしれない。あるいはダンスのことは全く分からないけども、ダンスのスタイルが似ている2人を組んでいるとか…?とも考えはしたが、どうやらそれも完全に当てはまることはなさそう。

まだまだ勉強が必要そうだ…そしてえぐざいるが新体制になった今、シンメもどんどん変更されていく可能性がありそう。これからも双方のシンメ事情から目が離せない。

そしていつか(いつか)細かいシンメのタイプもまとめていこうとこれを書いていて決意した。むしろ自分用に整理している感覚。というかもともと書きたいものを適当に書いているだけなんす…これ全部適当っす…

 

次回「シンメよいとこ摩訶不思議」乞うご期待(ない)

例えるなら”日刊の少年誌”を定期購読しているようなもの

もうすぐ生まれてきて四半世紀に手が届きそうな私ですが、時折家族から言われることがあります。

「いい歳してジャニーズの追っかけなんて」というニュアンスの言葉を。

初めは「いいじゃないかこんな歳でも追っかけていたって、だって好きだし」と開き直っているばかりだったのですが、最近になってただ開き直っているわけではないことに気づき始めました。開き直りたい理由を突き止めたのです。

 

じゃにをた歴は出戻るまでの期間を差し引いて10年超、ldhに関してはやっと1年になりますが、私がそんな男衆を好きになったのは、大げさに言えばその”生き様”を見たいからなのかもしれません。例えるなら、「少年誌を定期購読している」感覚に近い。

少年誌にはいろいろな話がありますね。それぞれの主人公が違う性格で、仲間や環境も全くタイプが違う。夢や目標もそれぞれ違う、でもみんな心は熱いぜ!!みたいな。そんな少年誌のスタイルが今追いかけている彼らの様に重なるような気が勝手にしています。それぞれタイプの違うグループがあって、ファン層も推され方も違う、でも心の熱さ(アツさ)はみんなに共通しているんだろうな、そんな風に思っています。

じゃにーずを好きになった当時はまだがきんちょで、ミーハー心が強かったと思うのですが…俗に言うキャーキャー言いたい時期ですね。この時期にldhを好きになっても同じ感じだったと思います。しかしここ最近はキャーなんて黄色い声を出すほどの労力がない、そこに力を入れるくらいなら何度でもリピートして目に焼き付けては合掌し、今のところ未定ですがもし現場に行くとしたらファンサより野鳥の会、レポ用にメモを取るほうが有意義だろうな、と思いを馳せています。というかたぶん現場なんて行ったら生で見る彼らのパフォーマンスに息が止まりそう。

 

ミーハー心で黄色い声をあげているだけの時期はとっくに過ぎたんです!私はとにかく彼らの生き様を、今の自分に見合う範囲で1秒も逃すことなく目をかっ開いて見守っているんです!きっとそれは今の年齢だからこそできた心構えなんです!野鳥の会なんです!少年漫画なんです!(?)

 

という心の叫びをいちいち説明するだけの力もないので、これからもそんな言葉に苦笑いを浮かべる日々を送るんだろう…というかそんな心構えをした時点で引き返せるわけねえよ、すべては使命なんだよ義務じゃねえんだよ…

そんな思いを燻らせながら今日も日刊の少年誌をめくっています。

TerribleとREVOLVERの親和性

昨年12月に発売されたじゃにーずWESTの2ndアルバム「ラッキィ(略)7」だが、良曲ばかりで本当に困ったものだ。得意の元気でポップな曲のほかに、バラードで聴かせたりスタイリッシュな曲で魅せたり。この人たち今からこんな万能でどうすんの?!という勢い。

さて、そんな2ndアルバムにはユニット曲なるものが収録されている。可愛らしいクリスマスソング、クールなイケイケ曲、ライブでC&Rしたくなるポップな曲、最年長様の独壇場…どれもがオタクの心をつかんで離さないが、なかでも延々とリピートしてしまうのがツインタワーこと藤井小瀧コンビの「Terrible」。正直「Vivid」を超える曲はないと思ってましたが…いやごめん、正直Vivid優勝ですわ。でもやっぱりとんでもないクオリティ。

ただこの曲にどことなくえるでぃーえいちみを感じちゃったのである兼ヲタは…すべては藤井氏のせい…(?)

 

話は変わるが、先日ようやく「GENERATION EX」をわがウォークマンにお迎えした。こちらもかっこいい曲ばかり。中でもREVOLVERに心惹かれています。

 

しかしオタクはここで気が付いた。

 

あれ…同じにおいを感じる…

 

決して似ているとかそういうのではなくて、なんか…うまく言えないけどとにかく親和性を感じたんだよ…

注目すべきは歌詞。まあどちらも英語が多いわけだが、頑張って辞書を繰り翻訳サイトを覗いてみた。思えば得意教科は英語だったな…でもしゃべれないな…

そんなわけで格闘した結果導き出されたのが、主人公の性格が共通しているということだった。ここからはあくまで個人の見解である。

まず大雑把に、ちょっと強引でイケイケな、クラブにいるような若い男性という風にとらえてみた。Terribleくんが割と意地悪っぽく、REVOLVERくんが優男(のふり)というイメージ。

あとは自信家っぽいという印象。今口説いている女性は必ず自分のものになると確信しているような…?要するにイケメンってことなんだろそうなんだろ…

実際にREVOLVERの歌詞に

 

必ずMake you mine

You're my baby

 

なんてある。「君は僕のものだ」ってもう言っちゃってんじゃんと。なるしかないじゃんと先ほど優男と書いたが、徐々にぎらぎらした部分が出てきているような気がする。

またTerribleでも

You gotta give me your love 

 なんていう歌詞があるけども、これも自信の表れというか。「(君は)僕を愛さなきゃいけなくなる」という感じだろうか。そういう運命なんだよ、と言い聞かせるような。比較すると、REVOLVERくんの方は自分からがつがついく派でTerribleくんの方は女性の方からくるように仕向けているような印象を持つ。ただREVOLVERにも相手の方から”引き金を引く”よう仕向けている様子が見られる。さては君らグルだな…夜な夜なクラブに出向いてターゲットの品定めしてるんだな…つまり私の苦手な人種だそうに違いない…

 

というわけで半ば妄想に近くなってしまったけれども、2曲ともここまで深読みしなくても曲調だけでかっけー!と思わせてくれるので、気になる方は是非CDショップへ(微笑)

じゃにおたの私がえぐざいる一族にうつつを抜かしている理由

すべては、一昨年のパーフェクトイヤーに放送されため○ゃイケから始まった…たぶん。なんか大勢でいろいろ対決してんなーという印象しか当時は持ち合わせていませんでした。

1章2章はタイムリーでぼんやり応援していたのですが、3章から急に人数が増えたこともあって「こんな覚えらんねえよ!怖いよ!いかついよ!」と敬遠するようになってしまいました(ただ魂はタイムリーで観てた)。

 

そんな私が、色白で細身でキラキラしているアイドルとは真逆のイメージを持つと言ってもいい一族に何故こんなにもうつつを抜かしているのか、だらだらと書いていきます。所々で2つの事務所を比較することもありますので、苦手な方はご注意ください。

 

①ハマった順番

まず、私が一族で初めに好きになったのは現在追っている男衆ではございません。正確にはその妹分であるEがーるずちゃんです。それこそなぜ急にと思いますが(私だって思った)、実はEがーるずに身内がいらっしゃる男がじゃにーずにいたわけです。

そう、言わずと知れた藤井流星くんです。

最初は「へー妹いるんだ」くらいにしか思っていなかったのですが、たまたま歌番組を見ていたんだったかMVを某動画サイトで見たんだったか、とにかく女の子でもこんなに踊れるんだ…!!と衝撃を受けました。今でも茶の間ファンを保ちながらひそかに見守っています。Eがーるずは主に3つのグループに分かれていますが、一番好きなのはハピネス。中でも楓ちゃんが可愛らしくてつい目で追いかけてしまいます。

そんなEがーるずちゃんから徐々に事務所に足を突っ込んでいったわけです。これがとんでもない底なし沼だった…ハマりだして1年になりますが、早くもこれは引き返せなそうだと感じ始めています。

 

②ハマった時期

思えば嵐が10周年の時に出戻ってきた身なので、アニバーサリーイヤーを大々的に取り上げられて気にならないわけなかった…そして2014年は全員のビジュアルがよかったんだ…結局ビジュアルかよと思われるかもしれませんが、以前はいかつい!ひげ!筋肉!みたいな印象だったのが「あ、あれ…?なんかイメージと違う人もいる…」と思わされたのです。たかひろさんはもとより、三代目とかじぇねとか。

あとセカンドがすごく…大人の男だったんだ…2代目の加入当初は名前と顔が一致してるレベルでしたが、今では一番推しているグループになっています。ただそれまでてつやさんだけ顔も名前も覚えてなかった…なんでや工藤…それがたった1年前の出来事です。

 

②縦の繋がり

上下関係がしっかりしていながらも、とらい部のみなさんはグループの垣根を越えて仲良しだなと思います。それはじゃにーずにも言えますが、少し縦の繋がりは薄いのかなと。じゃにーずはデビュー組の”後ろ”でJr.が踊るというスタイルが確立していますが、PG生を見ていると”一緒に”踊ってる感じがするんですね…「全員主役」っていうあれですね(?)。そういう考え方がldhの密接な縦の繋がりを築いているのではないかと。

あとは「小さいころから知ってる」とか「デビューする前からの付き合い」といった関係が多いんですよね…そういった関係に私のような人間は弱い。きっと。

 

③メンバー間の上下関係

えぐざいるはメンバーの構成上上下関係がしっかりしているように見えますが、三代目とじぇねは割とメンバー間の関係がフラットな気がします。セカンドや2代目はその中間あたりでしょうか。えぐざいるは言い方が悪いですが年齢層が広いので、例えるならJフレンズ世代と今の若手が一緒のグループで活動しているようなものですよね…そりゃ上下関係もしっかりしないといけないですよね…

三代目とじぇねのフラットさは、じゃにーずのグループ仲に似ているのかもしれないなと感じています。時を重ねるごとに先輩も後輩もなく、一緒に仕事をする、あるいは夢を追いかける仲間になって、自然と敬語がなくなったりいい意味で遠慮がない様子は見ている側に対して”仲がいいな”と思わせるのかなと。よって私のような人にとって入口になりやすいグループなのでは。ただここまで書いておいて何ですが、私の入口はそのどちらでもなくえぐざいるだったわけですが。どういうわけだ。

 

 

この大まかな3つの要素に加えて細々とした個々の関係なんかが絡んでくるわけでして…

さて、ハマりたてのオタクは考えました。それぞれのグループの曲やライブの模様を一気に把握できるような円盤はないだろうかと。ありました。図ったようにありました。それが冒頭に記した「EXILE TRIBE PERFECT YEAR2014 TOWER OF WISH REVOLUTION」でした。頑張って初回限定盤を買いました。思えばそれがある意味間違っていたんだ…沼にハマっていくスピードが加速していったんだ…何しろ5枚組のその1セットで完全に事務所箱推しになってしまったのです。たいへん浅慮でした。反省はしていますが後悔はしていません。

 

オタクは遅まきながら学びました。どんな沼でも迂闊に覗き込んではいけません。そのまま頭からずるずる引きずり込まれていきます。経験者は語ります。私に言えることは、覗き込む際にはお気をつけくださいということと、浅い沼なんてないということ、この2つだけです。どうかいつかの私のように「なんかいかつい…黒い…怖い…」と敬遠なさらず、少しでも興味がありましたら沼の前に立ち止まってみてください。新参者の兼ヲタが手招きしているかもしれません。