雨が戻る場所

じゃにの話をしたりえぐの話をしたり。いずれも茶の間ファン継続中

これは担降りブログではない~二足のわらじの踵の高さ~

タイトルの通り、これは決して担降りブログではない。しかし大きなくくりでは降りていて、それを書き連ねていることになるだろう。

元来私は「担当は降りるものではなく増やすもの」だと思ってきたし、今もそう思っている。今までの担当はもれなく現在も好きだし、担当がいるグループのメンバーももれなく好きだ。そのせいでとんだDDヲタクになっているともいえる。

思えば私のこれまでの人生は、ジャニーズという存在に少なからず振り回されている。物心ついてすぐウルトラマンティガの主人公だったV6の長野さんに一目惚れし、伊東家の食卓で三宅の健ちゃんを好きになり、学校へ行こうでV6兄さんを好きになり、デビュー後すぐに全日本バレーのサポーターとして会場で歌っていたまっすーに心を奪われ、ごくせん2期で仁亀に、がんばっていきまっしょいで錦戸さんと内くんにハマってからというものYou&J周辺をミーハー心で応援し…という多感ぶりを発揮していたのが中学の中頃まで。その後いったんジャニーズを離れ、嵐10周年のタイミングで引き戻されてから今日までぬるぬるとジャニヲタ街道を歩んできた。通算でこれまでの人生の半分をジャニーズに振り回されていることになる。もうすぐ四半世紀に手が届かんとしている。

現在は嵐とジャニーズWESTを中心にジャニーズ全般を応援している。どちらかというと嵐の方に重きを置いているかもしれない。ライブに行ったことはないものの、担当やメンバーが載っている雑誌を買ったり、WSを張ったり、音源やライブDVDを片っ端から買ったり、ライブレポを漁ったり。嵐を応援し始めたのは一気に売れ出してからだったので追うのは大変だったものの、とても楽しかった。(ちなみに離れる前は、嵐だけはまったく眼中になかった。不思議)

 

しかし、『楽しかった』のである。

 

決して魅力を感じなくなったわけではない。飽きたわけでもない。そこまで頑張って応援する必要性を感じなくなったのだ。

ここ数年の間で嵐を見ない日はほとんどない。書店やコンビニの雑誌コーナーには彼らが表紙の雑誌がたくさん置かれているし、テレビをつければCM、バラエティー、ドラマや音楽番組に出たり。ハードディスクの容量が追い付かないくらい。もうめんどくさい…と思ったことも一度や二度ではないし、最近はレギュラー番組もろくに追えていないという体たらく。日に日に大きくなっていく彼らを追うのに疲れてきたというのが正しいかもしれない。

それでも嵐を追いかけることをやめられないのは、ひとえに担当である松本さんの存在が大きい。なぜならジャニーズに戻るきっかけをくれたのが彼だったからだ。繰り返すけれども10周年の頃に戻ってきたので、花男の頃は正直好きではなかった。WESTでは神山くんが一番好きだけれど、彼を「自担」と呼ぶにはまだ少し違和感があったりする。先ほど担当は降りるものではなく増やすものと書いたけれど、「自担」と呼ぶのは今のところ松本さんだけだ。

今私は、嵐が築いてきた道に背を向けようとしている。それだけではなく、ジャニーズという大きな存在からまた離れようとしている。言ってしまえば別の事務所に魅力を感じている。それがエグザイル一族が所属している事務所。古き良き伝統を積み重ねていくようなジャニーズに対して、こちらは新しい事務所でまだ開拓の最中だと思われる。海外のアーティストとも交流して活躍の場を増やしたり、一族総出でライブを行ったり、ジャニーズにはない魅力があってたいへん新鮮…というか全く路線が違うので、ジャニーズはじめアイドルばかり見てきた私にとって彼らを好きになったことは青天の霹靂に近かった。新しいジャンルにすぐ目がくらむ。たいへんよくない。

話がだいぶ横道にそれたけれども、先ほど書いた通り私は嵐のファンを降りようと思う。ジャニーズはWESTだけに絞って、他のグループと同じように、テレビに映っているのを応援するだけの最低限のファンになろうと。しかし私の「自担」はこれからも変わらずMJなのだと思う。とてもややこしい状況になっている。それでも彼のことは、見える範囲でできる限りの応援をこれからもしていきたい。事務所をまたいでの二足のわらじは、今の私にはかかとの高さが合わないのかもしれない。今はジャニーズ全体から少し離れてギラギラぷちょへんざな一族沼にどっぷり浸かっているけれども、熱が落ち着いてきたらまたキラキラトンチキな彼らを思う存分摂取したくなるのだろう。その頃にはかかとの高さがちゃんと揃って、つまずくことなく歩けるようになっていればいいと思う。二足のわらじ最高。早く両事務所で友好条約結んでな。